新資格?お笑い福祉士

お笑い × ニュース 国内ニュース

公開日:2014/03/05

459views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルチャーセンターで講座が

世間にはさまざまな資格がある。カルチャーセンターで「お笑い福祉士」を目指す講座が開講され、4月からの受講者を募集している。

朝日カルチャーセンター中之島教室(大阪市中区)では「めざそうお笑い福祉士A、B」、NHK文化センター高松教室では「學光さんのお笑い福祉士入門」である。

ともに4~6月に6回の講座があり、講師は落語家・笑福亭學光がつとめる。

(画像は「お笑い福祉士全国の会」公式サイトより)

2004年から関西を中心に

「お笑い福祉士」は公的な資格ではなく、笑福亭學光が認定する資格である。2004年から講座を開き、関西を中心に受講者が増えていった。この10年の間、約250人がお笑い福祉士の認定を受けている。

お笑い福祉士は福祉施設などを訪問し、笑いを届けるボランティア芸人として活動するという。今では「お笑い福祉士全国の会」が組織されて、各地で7つのグループが活動している。

「お笑い福祉士全国の会」公式サイトによると、

ちょっと格好よく言うと、お笑い福祉士とは、「笑いを求め、笑いを学び、笑いを生かす」人たちなのです。

「お笑い福祉士」の生みの親、笑福亭學光は銀行員時代を経て、笑福亭鶴光に入門したという変わり種だ。趣味のスキューバダイビングを生かした「水中寄席」を開催したこともあるなど、独自の路線で活動が注目される。

▼外部リンク

お笑い福祉士全国の会 公式サイト
http://owaraifukushishi.jimdo.com/

朝日カルチャーセンター中之島教室
http://www.asahiculture.com

NHK文化センター高松教室
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_425374.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ