史上最高の応募者の頂点に立つのは?

国内ニュース

公開日:2014/03/02

206views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思惑ありの順番選び

3月4日(火)に「東洋水産R1グランプリ2014」が行われる。24日に決勝進出者の会見が、東京プリンスホテルで行われた。

決勝に進出する12名は応募者3715人の頂点を目指す。当日のMCである雨上がり決死隊も会見に参加した。

会見の前にネタを披露する順番が決められる。芸人それぞれが好きな順番を選ぶことができるが、その順番は前もって抽選が行われている。

12人はA、B、Cの3グループに分けられる。順番を選ぶ理由はさまざまであった。

友達である芸人とは同じグループを避けるじゅんいちダビットソン。レイザーラモンRGは、自分が物マネをする人物にあやかって1番であるトップバッターを選んだ。

(画像は公式サイトより)

半数以上が初出場

決勝進出者の9人が初出場というフレッシュな顔ぶれとなった。

照明のまぶしさに慣れてないミヤシタガク、立ち位置を間違えた馬と魚も初出場である。

初出場でありながら、準決勝の観客投票が1位であったのは、中山女子短期大学である。壇上でも、ボケを披露するなどアピールを忘れていないようだ。

放送は、フジテレビ、関西テレビ系で全国放送される。

決勝進出者

【Aブロック】
レイザーラモンRG(初)
ヒューマン中村(4)
TAIGA(初)
スギちゃん(3)

【Bブロック】
小森園ひろし(初)
ミヤシタガク(初)
やまもとまさみ(2)
中山女子短期大学(初)※準決勝の観客投票1位

【Cブロック】
バイク川崎バイク(初)
馬と魚(初)
おぐ(初)
じゅんいちダビットソン(初)
(公式サイトより引用)

▼外部リンク

R1グランプリ2014 公式サイト
http://r-1gp.laff.jp/blog/2014/02/rgbkb-r-12014-a8ee.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ