平野ノラDVD「バブルは、そこまで来ているゾ!」発売記念インタビュー

インタビュー お笑い × 芸人

公開日:2015/05/27

531views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 太い眉毛、髪型はソバージュ、肩パットが入った服を着こなし、バブル時代に流行したワードを連発するキャラクターで一躍人気となった女性ピン芸人・平野ノラ。
 本日、5月27日に自身初のDVDとなる『バブルは、そこまで来ているゾ!』がコンテンツリーグよりリリースされた。
 その発売を記念してLAUGH MAKERでは平野ノラ本人に直撃取材を行った。DVDのこと、彼女のパーソナルな部分、バブルと寝た女は今何を思っているのか……。じっくりと語ってくれた。

絶対に面白くなる、絶対に成功するって思った。

ーーDVDの発売が決まったときの感想を教えて下さい。

平野:決まったときはネタがないゾ…って思ったんですよね(笑)。なんですけども、普通若手のDVDってネタを撮影するって感じじゃないですか。ただコンテンツリーグさんから、全部オールロケ、シチュエーション別でやってくれるって聞いた時に「あ、これだったら面白くなる。絶対に成功する」って思いましたね。

ーーDVDには「あ~ん」まで、バブルなワードがでてくるわけですが、そもそもこのフォーマットが誕生したキッカケは?

平野:もともと、古い時代の女の人のキャラはうっすらあったんです。で、「芸人報道」(日本テレビ系)の「すぐ言う芸」の企画で50音なにかないかな?って考えた時に、バブルの女ってわかりやすいなって思って作ったのがこの50音なんです。それから、そのネタがいろんなところで使って頂けるようになりまして。そこから膨らんだ感じですね。

ーーDVDのなかには同じ舞台に立たれている若手芸人の方が多数でられていますよね。

平野:一番身近で大好きな芸人さんを使っているというか、将来彼らも私も売れてこのDVDを見返した時に「こんなときあったね」って喜べる人を私がチョイスしています。

ーーシチュエーションの配役も含めてですか?

平野:そうですね。スケジュールの関係で多少の変更はありますが、だいたいあってますね。

hirano_c4 のコピー ※同じ舞台に立っている若手芸人も多数登場している

ーーこのバブルのキャラクターはライブで生まれたんですか?

平野:さっき言ったようにバブルというよりかは、古い女というか。初めは90年代のキャラクターから披露していったんですよ。90年代に流行した女性歌手の歌を流して、古いことを今と比較して言うってキャラでした。そこからもっと見やすくした方がいいってことで少しずつできてきたキャラクターですね。

ーー特に50音のなかでお気に入りのワードはありますか?

平野:「ひ」ですね。(どんなワードかはDVDで!)このキャラクターの感情が出ている感じが面白いなぁって。

ーーTVなどを見させて頂いていると、このキャラクターでの「アドリブ力」というか打ち返す能力がすごいなぁと思うのですが、なにか研究はされていたのですか?

平野:1回1回のTVで絶対爪痕残したいといと思っていて…もちろんTV局の方がウマく編集してくださってはいる部分もありますし、たくさんTVにでているわけではないんですが、多分その状況の中で培われたんじゃないのかなとは思いますね。あの場に立って、研ぎすまして……なにか来たら絶対返すっていう気持ちでいるんです。でも、見ている方はわからないと思うんですけど、パンって言われた時にグルグルって頭の中で考えるんですよ。もちろんワードは頭の中に入っていて、きっとどっかから出てくるんでしょうね(笑)。ただ用意してても、出せて半分以下なんですよね。それでも用意は大事だなとは思います。

IMG_5669

8年間抜け殻のように生きていた

ーーここからは少しパーソナルな部分をお聞きします。平野さんはお笑いを始める年齢が30歳を過ぎてからだったそうですが、その年齢でワタナベコメディディスクールに入ったキッカケは?

平野:24~5歳の時に一度やりたいなと思って相方を一年くらいかけて探したんですけどいなかったんで、1回1人でライブのオーディションを受けたんです。当然、面白くもないので、帰りの電車の中で「辞めよう」って。

ーー1回でですか?

平野:そうですね。1人じゃ無理だなって思って辞めて、ずっとやりたいと思いつつも8年間抜け殻のように生きてたんです。

ーーブランクがあった時代は「お笑い番組」などは見ていたんですが?

平野:ネタ番組とか見れなかったですね。ずっとお笑いをやりたいって思ってたこの気持ちを自分でみないようにしていましたね。ただ、TVのトーク番組を見ていても「なんでもっとこうしないんだろう」みたいなのはあって、私ならこうするのに!っていうのはありましたね。
 話を戻すと、当時婚約をしていまして、そろそろ結婚だってなったんですけど、結婚したら絶対芸人にはなれないなって思ったんです。31歳くらいの時に高校の時にコンビを組んでほしいってお願いした同じバレー部の同級生の女の子がいたんですが、たまたまその子と仕事が一緒になったんです。当時は断られたんですけど、彼女が「今ならお笑いやってもいいよ」って言ってくれたんです。私もそれを言われて彼女となら絶対天下とれるって思ってワタナベコメディスクールに2人で入ったんです。ただ彼女は1ヶ月くらいで辞めちゃって、そこから1人になりまして……。1人になったときに思ったのが、私はピン芸人なんだなって。

ーーと、いいますと?

平野:彼女と解散したときに、過去に「一人じゃできない」ってトラウマがあるじゃないですか。だけど、芸人をやろうと思ったときに、こっちは前の覚悟とは違う覚悟でやってるわけですよ。なので、一人でもできないと意味はないって思って、面白くなくてもいいから一人で舞台に立ってみようって思って立ったんです。その時はわけわからないネタをやったんですが、ちゃんとお客さんには受けて「一人でもできるかもしれない」って思ったんです。その時にあの時のトラウマというか壁を乗り越えた気がしましたね。解散した時に逃げずにやってよかったなぁって思いますね。

ーースクールに入って考え方は変わりましたか?

平野:そうですね。目から鱗でしたね、フリとオチがあるんだとか、緊張と緩和があるんだとか。スクールに入って青春でしたよ。楽しくて。一番前でみんなのネタ見て、先生にも質問するし…いい生徒でしたよね~。

ーー(笑)。スクールにとってはいい生徒さんだったんですね。

平野:そうですね。先生にも恵まれましたし。ただ、30越えてスクールはいっている人はすごくプライドが高いんですよ。それを見て思ったのがスポンジのように全部吸収してやろうって。自分はおもしろくないから、お笑いのルールを吸収してから自分のやりたいことは二の次だなって思ったんです。あんなに頭の柔らかい30代はいないんじゃないかというくらい吸収がすごかったですね(笑)。お笑いを学べているっていうのがスゴく楽しかったし嬉しかったですね。

hirano_c1

アニーのDVDを見てエンターテインメントを意識した

ーーそんなお笑いが好きだった平野さんは、オーディションを受ける25歳までは何をされていたんですか?

平野:私、小中高バレーボール漬けだったんで、全然遊んでなかったんですよ。だからその反動でフリーターになって遊んでましたね。ダンススクールを趣味で通ったりとか、客演でお芝居にでたりとかしてました。
もともと、中1くらいの時にアニーのDVDを見てその時に私エンターテインメントを意識したと思いますね。すごい衝撃を受けて、素晴らしいなぁって思って、実は高校卒業した時にそういうミュージカルの学校に見学に行ったんですよ。そしたら、小さい子がタップとかダンスとかやっててめちゃめちゃうまいんですよ。そん時にすぐにミュージカルスターになることは諦めましたね(笑)。

ーー小さい頃から人を笑わせり楽しませるのが好きだったりしたんですか?

平野:そうですね。バレーボールをやってる時代が辛すぎて、今じゃ考えられない軍隊みたいなところだったんで。だから唯一笑ってるときが救いだったんですよね。小中高とそういう環境だったから人を楽しませるのが好きだってことはありますね。笑わせて、楽しんで忘れるみたいな。中学高校はムードメーカーじゃないですけど、先輩が踊れって言ったら踊ってましたし、歌えって言ったら歌ってましたし、場を和ますのが好きな子ではありましたね。

hirano_b2

ーーじゃぁそういう時に笑ってもらえる快感みたいなものは感じてたわけですね

平野:例えば合コンとかいってもキレイだねとか言われるより、おもしろいって言われる方が嬉しかったですね。だからお笑いを諦めていた8年間は、合コンとか行って発散してましたね。笑いをとるのだけども男性も立てつつの笑い!みたいな。わかります?(笑)

ーーちゃんと男性にも笑いとらせておいて、最後は自分でかっさらうみたいな(笑)

平野:そうです。あの娘ユーモアあるねみたいな。だけど、お皿とかも取り分けたりするから結局一番人気みたいな(笑)!こんな感じで鬱憤ははらっていましたね。芸人になってからはそういうのはないですけど。

ーーそうやって8年間お笑いを諦めて、また新たにチャレンジした平野さんですが、世の中には夢を諦めてる方もいると思います。新たなチャレンジや再チャレンジをしようとしても勇気がなかったり、今一歩踏み出せない方がいると思います。そういった方に、もしなにか一言あげるとしたらどんな言葉をかけますか?

平野:人様の人生ですからね。私がとやかく言うことではないかもしれないんですけど、諦められることは諦められると思うんです。私は結婚しても私は幸せになれないって確信はあったし、心の底にお笑いやりたいって気持ちがあったのを見ないようにしていて……結局、自分ではお笑いしたいってのをわかってたわけですよね。だから本当にそれが何年もある方はやらないと絶対後悔すると思うんです。やらないことによって、自分が納得するように言い訳をすると思うんですよ。「まわりも結婚するし」とか、「この歳じゃ無理だし…」とか、だけど簡単でいいので一歩踏み出してみると、こうだなって決めつけていた世界が違う角度で見えるんですよね。それをするにはなにが必要かと言われれば勇気なんです。私もそうだったんですけど、すごく重く考えすぎていました。とにかく一歩ふみだしてみることにつきますね。それでダメなら、また戻ればいいですし。

ーーそういった方々にもこのDVDを見れば勇気に繋がる・元気になるということですね。

平野:そうですね。軽い感じで一歩踏み出すのはいいかもしれませんね。だからこのDVDをみて、一歩踏み出してダメなら忘れるみたいな。本当重く考えずにノリノリでいけばいいと思います(笑)。

ーー最後にLAUGH MAKER読者に一言メッセージがあれば。

平野:私がこのキャラクターをやることで、性格が明るくなってより前向きになったんですね。なので、見てもらえると絶対元気になるDVDになると思います。あとは、「OKバブリー」とかいうことによって、本当にバブリーな気持ちになれるんですよ。元気がでるワードとか私を真似して頂いて、体感して頂ければなと。嫌なこととか笑い飛ばせるキャラクターだと思います。

ーーありがとうございました!

取材・文・写真:フリーライター浜瀬将樹

ƒvƒŠƒ“ƒg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ