彩TOP!女帝・横澤夏子単独ライブ「花嫁ガール」

国内ニュース

公開日:2015/04/04

766views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花嫁ガールとは・・・
3月1日に渋谷のヨシモト∞ホールで行われた彩~irodori~East Championshipにて、見事1位を獲得した横澤夏子の単独ライブ。

職場・部屋・車内で・・・様々なタイプの女が発生!

会場は超満員。女帝・横澤がどんな女を演じるのか・・・ワクワクせずにはいられない。
横澤がウエディングドレスに身を包み歩くVTRが流れた後は早速、『自分の事をおばちゃんと呼ぶ26歳の女』を披露。職場の休憩中20歳の女の子に、「26歳だから自分はおばちゃんだ」と何度も言う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ※自身をおばちゃんと呼ぶ26歳の女が、煙草を吸おうとする。この仕草がまた細かい!

コントとコントの間はラジカセのみ登場する。ラジオパーソナリティに扮した横澤の声が響き渡り、ラジオ番組“よこなつの花嫁ガール”が流れる。ラジオではコント内で登場した女の解説や次の曲(コント)の紹介が行われる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※ネタの合間、舞台上にはラジカセのみ。“よこなつの花嫁ガール”が流れる。

次の曲は、『“IKEA”の家具を女だけで組み立てようとする女』。
車を借りて“IKEA”に行った女2人。部屋に戻り、ベッド・テーブル・椅子・照明・ドレッサーを女2人で組み立てようとするのだが・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※女2人での組み立ては、思うようにはいかない!

続いての曲は、『助手席に乗っている女』。
女2人で旅をする。車で目的地に向かうも、助手席に乗っている女(自称:助手席ナビ担当大臣)がマイペースでわがままで鼻につく。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※めまぐるしい表情の変化も、横澤の魅力の一つだ!

他にどんな女が!?会場は更にヒートアップ!

次に披露した『裸足のストリートミュージシャン』は、新宿南口に実際にいた裸足のストリートミュージシャンの女をモチーフに。喋り方は、「テラスハウス」(フジテレビ系)の“りなてぃ”を参考にしているのだとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※実際に裸足のストリートミュージシャンを見たら、道行く人はまず驚くだろう。

続いては、『先日行われたフェスティバルのダイジェスト』!ここではテンポ良く「電車の中で子供に愛想をふりまく女」「束縛する髪の長い女」「海に来たのに海に入らない女」「全部言っちゃう女」等を披露。
次の曲は『試着をするお母さん』。子供(しょうた)と一緒に、しょうたの小学校の入学式に着る自身の服を選ぼうと、服屋で試着をするお母さん。幼い子を連れての試着は、一筋縄ではいかない・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※やんちゃな子供に振り回されながらも、試着をする!
次の曲は、『断捨離をし過ぎて何もない女』。

●断捨離とは・・・不要なモノを捨てて、執着から離れようとする整理法。
女は彼氏と別れたので、様々なモノを捨てようとする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※「え?それも捨てちゃうの?」そんな声を発したくなった、断捨離女。

そしてこの曲で“よこなつの花嫁ガール”は終わり、パーソナリティよこなつは「これから、仲良しだったお友達の結婚式に行きます」と言う。すると横澤は、ウエディングドレスを着て登場する。泣きながら、感謝の手紙を読む。肉親以外の様々な人にも感謝の意を表す・・・手紙の中に、本日のネタ中で登場した女も出てくるという演出だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※(分かりづらいかもしれないが)手紙は胸にしまい込んである。読むと後ろに投げる。

まとめ

エンディングで横澤は「本当に好きな事だけやらせて頂きました!」と言っていた。横澤の気になる女が沢山登場する濃い単独ライブだった。
女ピン芸人で彩TOPに立ったプレッシャーはあるだろう。しかしながら、横澤のエネルギーはそんなものには負けないし、これからもっと成長していく人だなと感じた。
そして、横澤が本物の“花嫁ガール”になる報告も心待ちにしたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※エンディングの様子。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ