第329回ラ・ママ新人コント大会

お笑い × ライブ ライブレポート 渋谷・表参道

公開日:2015/02/09

1491views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラ・ママ新人コント大会とは……
 1986年1月24日(金)コント赤信号のリーダーとして活躍中の渡辺正行が、若手芸人のネタ披露の場を求めて 渋谷・道玄坂のライブハウス「La.mama」でスタートした老舗お笑いライブ。「La.mama」は音楽中心のライブハウスで、通常の劇場とは違った、アットホームな雰囲気が味わえるのが特徴。過去には、ウッチャンナンチャン、ピンクの電話、ダチョウ倶楽部、爆笑問題、海砂利水魚(くりぃむしちゅー)、X-GUN、バナナマン、スピードワゴン、オードリーなど多くのグループも出演しており、現在でも次の世代を担う若手がネタを披露し続けている。

まずは準1本ネタからスタート!

 MCは渡辺正行。まずは準1本ネタ。各組がネタを披露し最終的にお客さんの拍手の量で、その日の1位を決めるというコーナーである。登場したのは「チャーミング」「ぽ~くちょっぷ」「はな☆しょー」の3組。

抽選の末トップ出番は「チャーミング」。電気量販店の店員に扮した井上がお客さんの野田に商品をオススメするところから始まるコント。どんどんとオススメする井上に対し野田の反応は……パワフルな絶叫系コントで観客を沸かした。終了後、 渡辺リーダーは「いやぁよく見ると内容ないです。でもああいうのもいいもんですねぇ」とリーダーらしい言い回しで褒め称えた。
2※チャーミング

2番手は「ぽ~くちょっぷ」旅行を題材にした漫才。激しいツッコミに悲鳴のようなものがあがったが、機転の利いたアドリブで爆笑に変えるあたり、彼らの実力と経験が垣間見えた。
3※ぽ~くちょっぷ

最後は「はな☆しょー」。好きな男子に告白をする女子高生2人組を演じた。若さあふれるキレのいい動きと、キャラを全面に出したコント。演技力が高く動と静を生かしたネタであった。
4※はな☆しょー

観客の評価は互角。話し合いの末優勝は、はな☆しょーに決定した

多彩な顔ぶれの1本ネタ前半!

「なすなかにし」は、登場するやいなや自身のライブの告知から始める。「あんだけ人おったらここで告知するのが一番」といい観客を笑いに包んだ。ここで、サイドビジネスをしたいという中西に那須が付き合う形で漫才はスタート。テンポのいいネタ運びで進むのだが、本筋から脱線するやりとりが秀逸。終演後リーダーも「いやー面白いですねー」と笑いながら彼らを讃えた。

「ラブレターズ」は、職員室の先生同士の会話のやりとりから。しかし、リーダーが呼び込みする際「今までの演芸場の雰囲気からガラッとニューウェーブの空気にしてもらいましょう!」と言われたことを受け、コントの始まりにも関わらず溜口は「いやぁ、空気還るって難しいなぁ」とリーダーの呼び込みに答える形をとり爆笑をとった。本編では最近様子の変わった塚本演じる教師に同僚の溜口が違和感を持つ所から始まるネタ。徐々に狂気じみていく彼らにボルテージは会場のマックスとなっ た。

「鬼ヶ島」は、恋愛を題材にしたコント。学生の野田と和田が恋愛についてトーク。 そこでおおかわら扮する先生が登場し授業を開始。そこで野田はあるものを発見する。そこからの野田の心情の変化に会場は爆笑した。

次世代のスターが大集合!コーラスライン!

コーラスラインは現在テレビで活躍中の芸人さんが何組も通ってきた登竜門。お客さんには、あらかじめ×と書かれた札が配られており、お客さんの×札が10本あがれば強制終了するというコーナー。毎回MCのリーダーと1本ネタの芸人さんにも見守られてネタをするので、ネタをする若手からは緊張感が漂う。リーダーの他に、鬼ヶ島、うしろシティ、磁石、なすなかにし、ラブレターズらが順番に見守った
5※コーラスラインを見守った鬼ヶ島6※うしろシティ、磁石
7※ラブレターズ、なすなかにし

ネタを披露したのは、シンボルタワー(ラグビー部)、かぎしっぽ(コンビニ)、エル・カブキ(漫才)、銀河と牛(合唱コンクール)、森たくま(モノマネ)、俺はゴミじゃない(あるある)、大福(修学旅行)、早出明弘(美容室)、タイムボム(漫才)、きしたかの(レストラン)、ANZEN漫才(歌ネタ)、ソフトアタッチメント(漫才)以上12組であった。

8※コーラスラインの様子(中央は合格したシンボルタワー)

怒涛の 1 本ネタ後半戦!

「うしろシティ」は、病院の先生とその彼氏が救急の患者が乗ったストレッチャーを運びながらやりとりをするコント。見た目はスタイリッシュなイメージがある彼らだが、1 つの設定でひっぱる【しつこさ】が持ち味。大爆笑をとった。

「流れ星」は漫才を披露。「アミューズメントパークっぽい修行」をテーマにちゅうえいが考案したという不条理なゲームに瀧上が激しくツッこむ。途中、新ギャグを披露するシーンがあり、うろたえながらも瀧上から「俺に教えとけ」と懇願した。

トリは「磁石」。永沢の雑学を皮切りに旅行代理店やピザ屋などテーマを変更しながらネタをすすめた。
10※エンディングの様子

まとめ)
会場は毎回超満員でリーダーはもちろん、テレビなどで活躍している芸人さんから未来のスターまで見られるライブはここしかないだろう。お客さんも審査に参加するなど楽しめる内容。次回は2月27日(金)に開催予定。もちろん登場するメンバーも超豪華なので是非足を運んでみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ