アメリカのコメディアンDrew Careyがいじめに喝!

お笑い × ニュース 海外ニュース

公開日:2014/09/10

340views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今世界中で流行っている慈善活動である”IceBucketChallenge”がとうとういじめ問題に発展してしまいました。
LEUGH MAKERでも以前アイスバケットチャレンジの記事を紹介したことがありましたが、この活動がオハイオ州ベイビレッジで衝撃的な事件を引き起こしてしまいました。

今回のいじめ事件の真相は…?

元々、アイスバケットチャレンジとはALSという難病の認知拡大のために始まり、募金をするか氷水を頭からかぶるかどちらかを選ばなければいけないという活動でした。しかし今回14歳の自閉症を持つ少年に対してかけられたのは、氷水ではなく糞や尿をバケツいっぱいにつめたものでした。
それを何もわからないまま上空からかけられているのです。これは動画で撮影されており、それを両親が見つけたことによってこの事件が発覚しました。

この事件に立ち上がったのがドリュー・キャリー

この被害者のインタビューをして事件の真相を知ったアメリカのスタンドアップコメディアンであるドリュー・キャリーは事件解決に向けて活動をし始めました。

“もしベイブリッジ警察がこの事件を起こした犯人を見つけるために懸賞金をつけるのであれば私が10000$寄付するから連絡してきてほしい”といった内容になっています。その前にも”いじめた子供たちは逮捕され、排除されるべきだ”ともツイートしており、かなり強い想いで事件に立ち向かおうとしているのが感じられます。

このドリュー・キャリーの活動にたいして、自身も自閉症の子供を持つ女優でモデルのJenny McCarthyもこれに賛同するツイートをしています。

このことからもわかるようにアメリカではスタンドアップコメディアンが”お笑い”の世界だけでなく様々な場所で活躍し、影響力を持っています。
このような活動は是非世界中から注目して、見て行きたいですね。

参考URL:http://ktla.com/2014/09/07/comedian-drew-carey-offers-10000-reward-after-als-ice-bucket-challenge-prank/
写真注釈:http://wishtv.com/2014/09/07/comedian-drew-carey-offers-reward-in-bucket-prank/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ