落語を世界に!海外落語家、桂三輝(サンシャイン)から目が離せない!

お笑い × ニュース 海外ニュース

公開日:2014/09/05

805views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

落語を世界に広めようと活動を続ける外国人落語家がいることをみなさんはご存知でしょうか?

その名は桂三輝(カツラサンシャイン)。カナダ出身で上方落語界初の外国人落語家である彼は世界中で落語をすることで、その素晴らしさを世界に広めようとしています。

なんで日本に?!桂三輝が落語家になるまで。

実は、桂三輝は元々落語家になりたくて日本に来たわけではありませんでした。彼は落語家になる前はコメディーの脚本家をしており、1999年に落語と能の勉強をするために日本にやって来ました。しかし日本の伝統芸能に触れる中で、気づいたら落語の世界に…。

そこから少し時間は空いてしまうものの、2008年に桂文枝の元に弟子入りすることが決定しました。この瞬間こそまさに上方落語に初の外国人落語家が登場した瞬間なのです!

世界へ落語を広めたい!桂三輝の強い思い。

彼は落語を世界に広めるため今年の7月から全国ツアーを開始しています。この夏にはイギリスで23公演行い、11月にはアフリカ、そして最後にはフランスのパリでも公演を行う予定です。まさに世界中に飛び回っています。

これが実現した背景には師匠である桂文枝のサポートがあったことは忘れてはいけません。桂文枝は彼に対して”もう日本に帰ってこなくていい!”とまさに落語家らしい背中の押し方をしているようです。

このように日本の伝統芸能を世界に広めようと行動している人がいることはとても素晴らしいことです。もしかしたらこの桂三輝の世界ツアーをきっかけに落語家を志す若者もいるかもしれません。そんな期待に胸をふくらませながら、彼のこれからに期待したいですね。

参考URL:http://news.asiaone.com/news/showbiz/canadian-brings-japanese-comedy-world

写真注釈:http://katsurasunshine.wordpress.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ