熱狂的すぎる!お笑いライブを見まくるピンクおばさん?!

お笑い × ニュース 国内ニュース

公開日:2014/08/16

5841views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな世界にも、人よりずば抜けて熱狂し、信じられない行動をする人は存在します。お笑いの世界は比較的熱狂的なファンが多い世界ですが、その中でもずば抜けた存在の人物が居ます。

それはどんな人なのでしょうか…?

年間600本?!噂の”ピンクおばさん”とは?

今回紹介するのは、通称”ピンクおばさん”こと福田千穂さん(47)です。2014年7月15日に放送された「今夜くらべてみました」という番組でテレビ出演を果たしてから一躍有名人となった。彼女は言わずもがなの熱狂的なお笑いファンで、なんと1年間で600本のお笑いライブを観覧するようです。1年間が365日なので、だいたい1日に2本のライブを見ている計算ですね….。すごすぎる…。

“ピンクおばさん”のルーツとは?!

そんなにたくさん見ているならずっとまえからお笑いが好きなはず!と思う人も多いかもしれないが、意外にもはまりはじめたのは12年前から。12年前にタカアンドトシのライブを見てから、お笑いの魅力に取りつかれ、それから累計7000本以上のライブを観覧してきたようです。

ちなみに”ピンクおばさん”の名前の由来は、いつもピンク色の服を着ているからなのです。そりゃあ、そのあだ名になりますね(笑)。

まだ売れていない芸人さんを応援する”ピンクおばさん”

“ピンクおばさん”のモットーは「ブレーク前の芸人の、客が集まらないライブにこそでかける」ということ。理由は『名前を覚えてもらえるから』とは言っているが、このようにまだ売れていな芸人さんを積極的に観覧しにいくのは非常に素晴らしいことです。

お笑い芸人と一概に言ってもその中にはテレビに出て活躍している人もいれば、ずっと地下ライブにしか出られない人もいます。どちらが正解というのはありませんが、やはりどのお笑い芸人もテレビに出たりして活躍するのが目標のはずです。しかしながら現実は、面白くても活躍できないという人がたくさん地下ライブなどに眠っています。そんな人達を少しでも一般人の力で押し上げられるのは、ただひとつ「ライブに足を運ぶこと」です。LAUGH MAKERも一部ではありながらもライブに足を運び、ライブレポートを発信しております。”ピンクおばさん”とは違う切り口とはいえ少しで盛り上げられたらと日々活動しているので、これからもよろしくお願いします。

写真注釈:blog.livedoor.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ