”笑い”の回数・頻度を計測…!プロジェクトaHの活動!

お笑い × ニュース 国内ニュース

公開日:2014/07/31

443views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“笑いを測定する”。

この無謀なことにも思えることに挑戦している団体がある。その団体とは、プロジェクトaH(アッハ)だ。

このプロジェクトaHが新たなステージに進んだのだ!

8月2,3日に関西大学堺キャンパスで行われる「日本笑い学会 第21回大会・研究発表会」において新型の笑い測定システム、通称”アッハ・メーター”のデモンストレーション展示を行う。

この新型モデルは従来の腹部に電極をはりつけるタイプとは大きく異なり、スマフォやダブレットに専用のソフトウェアを入れた上で、咽頭マイクを使って測定する形式をとっている。

この大変革により、使用方法も簡略化され、測定出来る人数も8人から50人と大幅に増加した。

プロジェクトaHは、笑い測定器の開発・研究を活動中心に置いており、冒頭で述べたとおり笑いを測定すること目標に活動している団体だ。関西大学名誉教授である木村洋二さんが発案した「初代笑い測定機」の研究・開発の延長線上として引き継ぐ形で2010年に設立された。それから地道な研究を繰り返し、着々と”笑いを測定する”ことに近づいてきている。

この団体はアカデミックな部分から、”笑い”に対してアプローチしているが、終着点はLAUGH MAKERと非常に似ている気がしている。結局”笑いを測定する”ということの先には、笑いの様々な驚くべき力を120%活用したいという想いがあるはずだ。事実プロジェクトaHのHP上にも”「笑い測定機」の研究・開発促進事業を中心としてその成果を社会に還元し、人びとが心身ともに健康に生活できる豊かな社会の構築を目指して”と書いてある。

アプローチは違えど、同じ終着点を目指す仲間として、これからもプロジェクトaHの活動には目が離せない。

参考URL:http://projectah.org/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ