上半期最もブレイクした芸人は誰だ?!

お笑い × ニュース 国内ニュース

公開日:2014/07/25

534views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年も上半期が終わり、もう下半期に入っています。上半期も様々な芸人さんが各方面で活躍をしましたが、あなたが思う一番ブレイクした芸人さんは誰ですか?

今回はオリコン株式会社が運営しているORICPN STYLEの調査を元に決まった『2014年上半期ブレイク芸人top10』について解説します!

堂々の第一位を飾ったのは….どぶろっく!

どぶろっくは、森慎太郎と江口直人の二人で2004年に結成されたお笑いコンビ。十八番ネタは「もしかしてだけど〜」で始まる歌ネタ。森の爽やかなギターと、江口のパワフルな歌声で作り出すちょっとエッチな歌がお茶の間で大人気になり、2014年上半期一気にテレビなどによる露出が増えた。

実はこのコンビ、昔から”アングラ芸人”としては確かな実力を発揮していた。特にお笑い番組「あらびき団」(TBS)には何度も出演し、東野と藤井の笑いを誘っていた。この頃の映像が動画サイトにも投稿されているが、「もしかしてだけど〜」のネタが確立する前に、色々な歌ネタを試して悩んでいるどぶろっくの姿を見ることができ、かなり新鮮な気持ちになれる。

最近は「おはスタ」(テレビ東京)のレギュラー出演も決め、乗りに乗っている。文句なしの一位と言えるだろう。

そして栄えある第二位は…..ウーマンラッシュアワー!

「THE MANZAI」で初優勝をした実力派のお笑いコンビは、勢いそのままに大躍進を続けている。漫才は村本が早口でとにかくしゃべりまくり、それに中川パラダイスが突っ込むというスタイル。しかし最近は漫才よりも村本のクズっぷりに注目が集まり、さらに人気が上昇した。

「TOKYOラッシュアワー」という冠番組では、東京23区を1放送1区周るというロケ番組を放送している。ここでもウーマンラッシュアワーの魅力が存分に引き出されており、ここからファンになったからも多いのではないだろうか。

村本はこのランキング4位に個人でランクインもしており、もう知らない人は居ないのではないかという勢いだ。

余談だが、僕は村本に似ていると言われることが多い…

そして、見事第3位にランクインしたのは…大久保佳代子!

大久保は正直、この2014年に一気にブレイクしたという印象は無かったが、意外にも3位にランクインしてきた。

今年の4月にレギュラー番組が3本打ち切りになり、2ちゃんねるなどを騒がせたもののまだまだ色々な番組にひっぱりだこ。ちょっとエッチなお姉さん的立ち位置が男性の男心をくすぐるのかもしれない。

その後は、日本エレキテル連合、村本大輔、パンサー、有吉弘行、鉄拳、じゅんいちダビッドソン、デニス、流れ星と続いた。

ここではtop10しか発表されていないが、今後が楽しみな芸人さんもたくさん登場している。今後も彼らから目が離せない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ