まさに「ピンからキリ」!?お笑い芸人の収入事情

お笑い × 効果・効能 ピックアップ 収入

公開日:2014/03/06

538views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビをつければ、誰かしらお笑い芸人の姿が映る今日このごろ。世はまさに「お笑い戦国時代」です。厳しい業界を生き抜くお笑い芸人。そんな彼らのお財布事情は、どのようになっているのでしょうか。

こちらでは、お笑い芸人の収入についてご紹介します。

収入はまさにピンからキリ

年収ランキングや番組内での暴露など……最近では様々なシーンでお笑い芸人の年収が明らかになっています。口にしているのが正確な数字ではないとしても、億単位であったり月間の収入が何百万であったりというのを聞いてしまえば、「なんて良い職業なんだ」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、こんなにたくさん稼いでいるのはほんの一握りのお笑い芸人たちだけ。いわば「売れっこ芸人」の収入です。名前を冠した番組やCM出演といった大きな仕事を複数抱えることによって、多額の収入を得ています。

一方「若手芸人」と呼ばれる人たちの収入は、ごくわずかである場合がほとんどです。芸だけでは生計がたてられず、アルバイトを掛け持ちしているという話もよく耳にします。多額の収入を得るまでには、長い下積み経験が必要なのですね。

効率良く稼げるのはコンビ?それともピン?

お笑い芸人と一口に言っても、ピン芸人やコンビ、トリオなど、その形はさまざま。グループで仕事をする場合は、収入は均等に割るというケースがほとんどです。また、コンビやグループを組んでいたとしても、単体の仕事の方が入ってくる収入の方が高くなる場合もあります。「ならばピン芸人の方がいいのでは?」と考えがちですが、一概にそうともいえません。グループの場合は自分以外のメンバー関連でオファーが入ってくる可能性もあるので、一長一短といえるでしょう。

お笑い芸人という仕事は、サラリーマンのように固定給があったり、将来が保障されていたりする訳ではありません。しかし逆にいえば、頑張れば頑張った分だけ稼ぐチャンスがあるということです。コンビでやっていくのか、ピンでやっていくのか――そんなことも考えながら、ひたむきに努力を続ける必要があるのです。

稼ぐためには「頭脳」も必要

お笑いブームが巻き起こっている現代。お笑い芸人を目指す人もたくさんいます。芸でメシを食う生活を夢見て、彼らは日々稽古を重ねています。しかし、誰しもが簡単に売れるという訳ではありません。日々新しいお笑い芸人が出てくるなかで、個性を生かしてチャンスを掴めるかどうかが大きなポイントになってきます。

「お笑い」は、とても頭を使う仕事。その場の雰囲気や流れを上手に掴むスキルが必要不可欠です。一度人気が出てブームに乗れればいいのですが、それよりも難しいのが長年現役として活動するということです。今の時代は純粋なお笑い芸人としての実力はもちろんのこと、同時にさまざまなジャンルの仕事に対応していけるだけのマルチな才能も求められています。

華々しく見えるお笑い業界ですが、収入事情はなかなかシビアなようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ