「笑い」がアナタを健康にする!お笑い療法から見る「笑い」の効果

お笑い × 効果・効能 健康・医療

公開日:2014/03/04

466views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かと暗い話題の多い世の中。そんな空気に釣られて、暗い表情になってしまっていませんか?

暗い表情でいては自然と気持ちも沈んでしまい、ポジティブな思考ができなくなってしまいます。それなら、いっそ笑顔で乗り切ってみましょう!

こちらでは、お笑い療法などを参考にしながら、「笑い」の持つ様々な効果について紹介いたします。

たくさん笑ってリラックスしよう!

「笑い」が人にもたらす効果はたくさんあります。人は嬉しい時や楽しい時にドーパミンという物質が脳内に分泌され、前向きな思考が生まれます。笑顔を作ったり笑い声を上げたりすると、このドーパミンが多く分泌されます。

さらに、ベータエンドルフィンという快楽物質も分泌されます。こちらはリラックス効果があり、痛みやストレスを軽減してくれる作用があります。精神面の安らぎはもちろんのこと、リラックスして無駄な力が抜けることで、体のコリや疲れの解消にもつながります。

これはまさに「笑う門には福来る」ですね。「笑い」は、より良い生活を送るためには欠かせないものなんです。

「笑い」が治療に!?お笑い療法とは何か

ストレス解消のために笑う、というのはよく耳にしますよね。先述した通り、「笑い」にはストレス解消などといった効果が期待されています。そんな「笑い」の効果を生かした治療法が、お笑い療法です。お笑い療法やユーモアセラピーなど、呼び名はさまざま。「笑い」の持つ健康作用を生かし、心と体を健康にします。

お笑い療法では、実際に「笑い」を体感しながら、意識的に笑うためのコツなどを学んでいきます。認知症などに大きな効果があり、最近ではがん予防にもお笑い療法が用いられています。

自分の気持ちをコントロールできたら、仕事やプライベートの問題にも前向きに取り組むことができるはず。「笑っている場合ではない」とも言われますが、そんな時こそお笑い療法を試してみてはいかがでしょうか。

ニコニコ笑って、ステキなコミュニケーションを

「笑い」の持つ効果は、健康に対するものばかりではありません。潤滑なコミュニケーションを行うためのツールとしても役立つのが「笑い」です。

初対面であれ馴染みのある人であれ、コミュニケーションをとる際には表情がとても大切。表情ひとつで、相手に与える印象がガラリと変わります。相手が笑顔でいてくれると、なんだか嬉しいですよね。同様に、自分が笑顔でいることで相手をリラックスさせてあげられます。

まずは自分のために、そしてゆとりを持てたら他人のために。そうやって、笑顔の輪を広げていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ