病気知らずの体になる!体も心も健康になれる「ラフターヨガ」とは

お笑い × 効果・効能 健康・医療

公開日:2014/02/23

296views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガはヨガでも、笑いながら楽しく行えるヨガがあるのをご存知ですか?深呼吸するのではなく、ガッハッハと笑える「ラフターヨガ」というヨガについて、ここではご紹介します。

笑いを取り入れたヨガ「ラフターヨガ」とは?

ラフターヨガとは、「笑い(ラフター)」と「ヨガ」の呼吸法を組み合わせたエクササイズのことです。

ヨガはポーズを取りながらゆっくり呼吸する健康法ですが、ラフターヨガはポーズを取りながら笑います。例えば「ライオンラフター」というポーズでは、顔の横に手を添え、目を見開き、舌をベーと出しながら笑います。このように、普段はなかなかやらないような面白いポーズを笑いながら取ることで、多くの酸素を自然に体に取り入れることができるというエクササイズです。

難しいポーズを取る必要はなく、体力が必要でもないので、年齢や性別に関係なく誰にでも取り組むことができます。なおかつ、笑うことによる運動効果や心身のリフレッシュが期待できると注目を集めるエクササイズなのです。

心身ともに効果は絶大!

ラフターヨガは気分を前向きにするだけでなく、体内の酸素不足を解消して病気を遠ざけてくれます。

私達の脳は、本当の笑いも表情だけの作り笑いも区別をすることができないため、作り笑いでも本当に楽しくて笑っていると勘違いします。笑うという行動をすることで、「楽しい」という感情を自分で生み出すことができるようになります。

また、体内に酸素を取り込む点で大きな効果があります。病気の根本的な原因は細胞の酸素不足だと言われていますが、ストレスによって正しい呼吸ができておらず、体内の酸素が不足してしまうのです。ラフターヨガによって自然に腹式呼吸が行われ、多くの酸素が脳や身体に取り込まれます。こうすることで、病気の原因となる細胞の酸素不足を軽減してくれるのです。

世界に広がるラフターヨガ

ラフターヨガはインドで始まりました。1995年、医師であるマダン・カタリア氏が、冗談やユーモアを使うことなくみんなで笑いあえる「笑いのエクササイズ」を開発したのが始まりです。

毎朝、仲間達5人の小さなグループで集まり、近所の公園で一緒に面白い話をしながら笑うことを始めました。今や、アメリカやヨーロッパなど世界60カ国以上に広まり、世界中にラフターヨガを指導する医療機関や、介護施設、クラブがあります。

体力に自信がない方でも気軽に取り組めるラフターヨガ。皆さんも是非、取り組んでみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ