素敵な女性はよく笑う?笑いで手に入れる美と健康

お笑い × 効果・効能 美容

公開日:2014/02/24

536views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい人、健康な人はいつも笑顔を絶やさないもの。

心や体に「笑い」が良いということは医学的に実証されつつあり、最近では病気の予防や治療においても注目を集めています。笑いは、肌を若々しく保ったり免疫力を高めたりするほか、自律神経のバランスを整える、ストレスを和らげる、脳の働きを活性化するなど、その効果は多岐にわたります。
ここでは、美と健康に焦点を当ててご紹介します。

笑うことで肌を美しく保つ

笑いは美肌に大変効果があることがわかっています。
笑うときに表情筋を意識してみると、多くの筋肉が使われているのがわかります。皮膚は筋肉によって支えられていますから、顔の筋肉をよく使うことで皮膚にハリが出て若々しい肌を保つことができます。
更に、筋肉を使えばそれだけ脂肪の燃焼が促され、血行も良くなります。脂肪燃焼は老け顔の原因となるたるみを予防してくれますし、血行の促進は目の下のクマに代表されるようなくすみを改善して肌に自然な赤みを宿らせてくれるのです。

「笑うと小じわができてしまうから笑いたくない」と考える方も多いでしょう。しかし、実は笑わないでいると筋力は衰え、逆にしわは深くなってしまいます。いつも笑って筋肉を鍛えている方が、結果的にしわを遠ざけることができるのです。

笑顔はお金のかからない「セルフマッサージ」

美容のために、エステサロンに通う方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。エステティシャンに顔のマッサージをしてもらえば、とても優雅な時間が過ごせますね。しかし、施術は多くが高額で毎日通うことは難しいことと思います。
マッサージは毎日コツコツ続けることが効果を出す秘訣。日ごろから笑顔を絶やさないことで、エステに通わずとも毎日セルフマッサージができるのです。お金をかけずに、外見のみならず人柄としても美しくなれる「笑顔」――とても魅力的なエクササイズだと思いませんか。

笑いで病気から身を守る

笑いは免疫力を高めることが医学的に証明されています。ストレスを感じると免疫力は下がり、病気にかかりやすくなります。逆に、楽しいことを思い浮かべて笑うことで免疫力を高めることが可能です。

笑いとの関連で注目されているのが、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。若くて健康な人の体内でも一日におよそ4000個のがん細胞が生まれているといわれています。これらのがん細胞やウイルスに感染してしまった細胞をきれいに掃除してくれるのが、リンパ球の一種であるNK細胞です。
私たちが笑うことで、免疫系をコントロールする脳の領域に興奮が伝わり、神経ペプチドという情報伝達物質が生成されます。神経ペプチドは血液やリンパの流れに乗って全身にめぐり、NK細胞の表面に付着することでNK細胞を活性化します。NK細胞の働きが高まることで、がん細胞などの除去作用が高まり免疫力が上がるという仕組みです。

このように、笑いは美しさを高めるだけでなく、健康にも重要な役割を果たします。毎日笑顔で過ごすことは、周りを幸せな気持ちにさせるだけでなく、自分も心身共に元気になれる魔法の薬なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ