あなたもこれで人気者! ユーモアセンスに秘められた人間関係の構築法

お笑い × 効果・効能 人間関係

公開日:2014/02/17

1894views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常に皆の中心にいるような魅力的な人物には、ある共通点があります。それは「ユーモアセンス」を持っているということ。ここでは、ユーモアとは一体何なのか、そしてユーモアセンスを磨くにはどうすれば良いのかについて迫ります。

ユーモアセンスがある人は話し上手

ユーモアとは人を笑わせる手段のひとつで、趣向を凝らした言葉や文章を使って人の心に訴えるように、スマートに面白さを醸し出すことです。面白いことに、ユーモアセンスを持つ人は笑わせることの達人であるだけではなく、「広い見識を持ち合わせ、相手の気持ちをよく汲むことができ、その場の状況に応じて柔軟に対応できる」などの共通点を持っています。

これはコミュニケーション能力に優れた人の特徴でもあり、話し上手な人はユーモアセンスも兼ね備えていることが多いといわれています。コミュニケーション能力が高い人は、自分の考えに固執することなく相手の立場になって考えられるからこそ、相手を楽しませるような会話ができるのです。広い見識を持った人の方が機知に富んだ話をできるというのも想像に難くないことでしょう。

ユーモアはどうやって身につける?

ユーモアセンスを身につけるのに一番重要なのは、頭を柔らかくすることです。ユーモアとは、他人が気付かないような面白さを発見することが原点ですので、物事を多角的に捉えられる、つまり柔軟な思考を持っていることが必要です。逆に頭が固い人々は己の固定観念にとらわれてしまっているので、ユーモアとは縁遠い存在です。

したがってユーモアのセンスを身につけるには、世の中に様々な考え方や感じ方があることを学ぶことが重要です。自分とは異なる人の考えに触れ、それを素直に受け入れることで、自分の考え方の幅を広げることができます。それが豊かな発想やユニークな視点を生み、ユーモアにつながるのです。

会話を心から楽しもう

ユーモアセンスを磨くには、人との会話を純粋に楽しみ、相手に楽しんでもらいたいと行動することが重要です。

相手の話をよく聞き、相手を楽しませたいと思って行動していれば、喜んでもらえたときの快感を徐々に覚え、自分も心から楽しめるようになってきます。いつでもその場を楽しむことを心がけていれば、自然とユーモアのセンスが磨かれるのです。

生まれながらにユーモアのセンスを持っている人もいるかもしれませんが、人気者と呼ばれる人たち全てがそうではありません。彼らは、周りの人を楽しませよう、そして自分も一緒に楽しもうと日々努力しているのです。

笑顔は人々の警戒心を解かせ、心を和ませます。良い人間関係を築くためにユーモアはとても重要な要素といえるでしょう。企業のトップにはユーモアセンスのある人が多いといわれますが、ユーモアがあるからこそ周囲を惹きつけ、手を貸してもらえるのではないでしょうか。

これからの人生を左右するといっても過言ではないユーモアセンス。あなたもユーモアを実践してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ