エンディングは笑顔で「遺影専門写真館」巣鴨にオープン

お笑い × ニュース 国内ニュース

公開日:2014/03/16

1280views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その名も「えがお写真館」

「おばあちゃんの原宿」こと東京・巣鴨に、人生の最後を笑顔で飾る写真館がオープンした。株式会社サンクリエーションは、2014年3月1日に、「終活写真」「肖像写真」「遺影写真」を専門に扱う写真撮影スタジオ「えがお写真館」を開業。「シニア・シルバー世代が輝けるような写真を記録する」をコンセプトに、その人らしい笑顔を写真に残す。

東京都内の65歳以上の人口が右肩上がりに増えるなか、自分の死後のことを考えて「終活」や「エンディングノート」を通して生前準備をする人が増えてきた。その一方で「遺影写真」については必要だと思いながらも準備していない人が多くいることを受け、今回の開業に至った。

(画像はホームページより)

写真だけでなく、満足できる時間を残す

「えがお写真館」の最大の特徴は、シニア・シルバー世代のための写真館であること。店舗は東京都豊島区巣鴨の地蔵通り商店街という「好立地」にある。遺影写真などを専門に取り扱うほか、子どもや孫と一緒に家族写真の撮影も可能。敬老の日や還暦などの長寿のお祝いに、子どもや孫から「撮影会をプレゼント」されることもあるという。

「えがお写真館」では、写真だけでなく、撮影を通して「笑い声に包まれた満足できる時間」を提供していきたいという。

▼参考URL

プレスリリース
http://www.value-press.com/pressrelease/123031

えがお写真館(東京・巣鴨)
http://egao-shashinkan.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS

ページの上部へ